朝の口臭の対策と加齢と老化について

朝の口臭の改善対策!唾液の減少は加齢を防ぐことも重要

朝の口臭の改善対策!唾液の減少は加齢を防ぐことも重要 
朝の口臭の対策に重要な唾液ですが、それが減少することでドライマウスとなり、口の中にいる細菌が増えて口臭が強くなってきますが、その1つの原因として加齢があります。

 

これは人間であれば、どうすることもできないですが、年は誰でも取るもので、20歳を境に成長から老化が始まります。

 

加齢と老化は同じように聞こえますが、少し違います。

 

加齢は年齢を重ねることで、老化は身体の機能低下のことを指します。

 

同じ30代でも身体機能の衰えは、その人によって違います。

 

例えば、普段から運動している人と、していない人を比べると、その身体の衰えは異なってくることなります。

 

その身体の衰えのことを老化いい、年を重ねていくことを加齢といいます。

 

加齢は止めることはできませんけど、老化は遅らせることができるということです。

 

そして部分によって変わります。

 

筋肉や視力、胃腸などの働き、このようなことも老化を遅らせ、さらに若さを取り戻すことができます。

 

どちらにしても、そのどちらも影響することで、唾液が減少して、朝の口臭を強くさえていく原因になってきます。

 

今回は身体的な事もそうですが、唾液の老化を遅らせる、または若くさせる、そのような対策についてまとめています。

 

 

朝の口臭の原因になる唾液の減少と老化の対策について

朝の口臭の原因になる唾液の減少と老化の対策について 
朝の口臭の原因になる唾液の減少のドライマウスですが、唾液腺という線からの分泌が少なくなることで減ってしまい、寝起きの口の臭いを強くさせていきますが、その唾液の分泌の老化はなぜ起きるのか?ということです。

 

これは年齢的な加齢もそうですが、日常生活の中での影響もあります。

 

例えば食費のときによく噛まない、極端にいうと飲み込むような食事をしている、このような事を繰り返していくことで、唾液の分泌が鍛えることができなく、退化するような感じになります。

 

体は進化するようになっていますが、それはあくまでも必要とするものを発達させようとする働きで、不必要なものは退化していくということです。

 

筋肉なんかは分かりやすいと思います。

 

使用しない腹筋などは、筋肉が落ちていき脂肪が多くなってきます。

 

イメージとしてはそのよな感じで、噛むということをしないことで、唾液の分泌が弱くなってきます。

 

老化させないためにも「噛む」ということがとても重要になってきます。

 

ドライマウスになっている人ほど、その噛む行為を良くするように意識してみます。

 

1口に30回ぐらいを目安にして咀嚼をすることで、唾液の分泌を良くさせる練習をすることができます。

 

これだけでもかなり違うものです。

 

ガムなどでも代用できるので、ガムを日中でも使用できる人は、噛むようにしてみて下さい。

 

ただし噛みすぎには注意で、逆に唾液の分泌が悪くなることがあるので、噛みすぎには注意してください。

 

唾液の分泌が弱くなってきたと感じたときが辞めるときです。

 

 

唾液の減少をさせないためにはストレスにも注意する

 

そして唾液の分泌を良くさせるための対策としては、ストレスを溜めないことも重要です。

 

ストレスは、唾液の分泌だけではなくて、身体に負荷を与え、老化を早めることになってきます。

 

唾液の分泌はストレスと関係のある自律神経とつながっています。

 

ストレスの影響から老化も早め、さらに自律神経を乱して唾液が減少していくようになります。

 

ストレスを溜めないことも若さを保つ一つの秘訣になります。

 

また女性の場合は、特に女性ホルモンを乱さないように注意します。

 

 

朝の口臭の対策!唾液を減少させないための若さを保つには?

朝の口臭の対策!唾液を減少させないための若さを保つには? 
朝の口臭の原因になる唾液の減少ですが、食事のときに良く噛むことなども重要なのですが、全体的な身体の老化を防ぐことも対策方法の1つです。

 

身体的な老化を防ぐには、老化の原因物質を取り除くことが1番の対策になってきます。

 

その老化物質というのは、活性酸素です。

 

活性酸素とは、毒性のある酸素のことで、分かりやすくすると、鉄のサビさせる原因物質のことです。

 

誰でも酸素は必要なものですが、これが毒性のある酸素に変わることがあります。

 

実は呼吸をしているだけで、この毒性のある酸素は体内で発生しています。

 

呼吸以外には、ストレス、紫外線、排気ガス、病気、喫煙、アルコール、食品添加物、激しい運動などです。

 

この活性酸素は、酸化物質と呼ばれるものですが、酸化の働きから細胞が老化してくることになります。

 

なぜそのようなものが発生するのかは、まだ正確にはなっていませんが、体を守る働きもあります。

 

酸化力があるので、その働きを利用して、体に侵入した細菌やウイルスなどを排除させることができます。

 

その働きをしているのが免疫で、実は免疫細胞自体が、この酸化の働きのある活性酸素を発生させています。

 

細菌やウイルスなどを除去するのは良いことですが、それと同時に正常な人の細胞までダメージを与えていきます。

 

その影響から老化が始まります。

 

体にその活性酸素を排除させる働きがありますが、それが老化から年齢から弱くなってきます。

 

それを補うものが抗酸化です。

 

酸化を排除する働きがあるもので、そのようなものを多く取り込むことで、酸化の発生を抑えることができます。

 

「抗酸化食品」どこかで一度は耳にしたことがあると思います。

 

果物や野菜などに多く含まれている物質のことです。

 

食生活ではそのようなものを多く取ることで、老化を防ぐことに役だちます。

 

他の人の意見も参考にしてみる

 

 

唾液の減少による口臭改善アイテム

朝の口臭の対策と改善方法


朝の口臭の原因まとめ

朝の口臭と舌苔

 

スポンサードリンク

関連ページ

朝の口臭の原因になる唾液の減少の改善や対策方法
朝の口臭の原因になる唾液の減少の改善や対策方法についてです。唾液が減少することで朝の口臭や日中の口の臭いが強くなりますが、その唾液が減少する理由と改善策についてまとえめています。原因は多数がありますがその詳細についてまとめていますので参考に。
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策とストレスの関係
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策はストレスにも注意!についてです。唾液が減少することで、朝の口臭の原因になってきますが、その唾液の減少と関係が深いのがストレスです。そのストレスとどのような関係があるのかまとめています。また対策についても参考にして下さい。
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策は女性ホルモンの安定?
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策は女性ホルモンの安定?についてです。実は女性ホルモンが乱れることで朝の口臭の原因と関係してくることになります。唾液が減少してしまうためですが、その女性ホルモンと唾液の減少の関係についてまとめています。
朝の口臭の対策!唾液の減少を抑えるのに咀嚼数を増やす
朝の口臭の対策!唾液の減少を抑えるのに咀嚼数を増やす!についてです。現代は噛む回数が減ってきていて、それが影響して唾液が減少するドライマウスになる人が増えてきています。女性に多いのすが、その咀嚼数についてのまとめです。朝の口臭改善に役立つことになります。
朝の口臭の原因になる唾液の減少とシェーグレン症候群の関係
朝の口臭の原因になる唾液の減少とシェーグレン症候群の関係についてです。シェーグレン症候群とは、涙腺や唾液腺にダメージを与えてしまう自己免疫疾患のことで、唾液などが減ることで口臭の原因になってきます。指定難病になっていますが対策などについてまとめています。
朝の口臭の対策は唾液を減少させる食品にも注意する
朝の口臭の対策は唾液を減少させる食品にも注意する!についてです。食品の影響から唾液を減少させ朝の口臭を強くさせることがあります。食品である物質が唾液を減少させることになるのですが、その食品がカフェインです。その働きやメリット、デメリットをまとめています。
朝の口臭の対策!唾液の減少は薬が影響することもある
朝の口臭の対策!唾液の減少は薬が影響することもある?についてです。朝の口臭が強くなる原因に唾液の減少が関係してきますが、その唾液の減少させる原因に薬の副作用が関係することがあります。その副作用などについてまとめているので参考にして下さい。

 
トップページ 朝の口臭の対策 口臭と口のネバネバ 朝の口臭と舌苔