朝の口臭の対策は唾液を減少させる食品にも注意する

朝の口臭の対策と唾液を減少させる食品について!まとめ

朝の口臭の対策と唾液を減少させる食品について!まとめ 
朝の口臭の原因の1つに唾液が減少することが考えれますが、その唾液を減少させてしまう食品にも注意が必要です。

 

唾液が減少することで、口の中にいる細菌が増えて、寝起きの口の臭いを強くさせていくのですけど、その原因に色々な事が深く関係しているのですが、食品も影響することがあるということです。

 

要するに口の中を乾燥させてしまう食品があることになります。

 

もしかすると気が付いている人も多いかもしれませんけど、ドライマウスになっている人には、そのようなものはオススメすることができません。

 

もし気が付いているのであれば量を減らすことをオススメしますが、どのような食品が唾液を減少させるのかまとめています。

 

 

朝の口臭の原因になる唾液の減少と食品との関係

朝の口臭の原因になる唾液の減少と食品との関係 
朝の口臭の原因になる唾液の減少ですが、その唾液を減らす食品の代表というとカフェインになります。

 

カフェインと聞くとすぐにコーヒーなどが思い浮かぶ人が多いと思いますけど、カフェインが含まれる飲み物やコーヒー以外に緑茶、ウーロン茶、紅茶と、お茶類などにも多く含まれています。

 

コカ・コーラなどもそうです。

 

カフェインというのは、アルカノイドの一種で、興奮作用を持っていて、薬品などでも使用されているものになります。

 

薬品では鎮痛薬としても使用されています。

 

これが朝の口臭と、どのような関係にあるのか?ということですが、唾液の分泌と利尿作用が関係してきます。

 

カフェインの働きには、覚醒作用、鎮痛作用、強心作用、利尿作用とありますが、要するに神経に作用する働きがあることになります。

 

興奮されたり、痛みを麻痺させるような鎮痛の働きなどです。

 

その働きは、中枢神経に対しての働きになりますが、中枢神経というのは、色々な神経のまとまりになっている脳から背骨にそってある神経のことで、カフェインはここを刺激するようになります。

 

そしてこの神経とつながっているのが、自律神経になります。

 

この自律神経と利尿作用、唾液の減少が関係してくるので、口臭の原因と関係してくることになります。

 

利尿作用というのは、体から水分を追い出す働きのことで、体から水分が失われると唾液の分泌が悪くなってきます。

 

唾液に含まれる水分は、血液内にある水分が元になっているためです。

 

そして唾液の分泌自体をコントロールしているのも自律神経になります。

 

ここがアンバランスになるので、唾液が減りやすくなるとういことです。

 

自律神経に関係するもので、身近なものでいうとストレスもそうです。

 

極度な緊張などのストレスを感じることで、自律神経がアンバランスになり、唾液が減り、口の中が乾燥するような事があります。

 

そのような経験をしたことがある人もいると思います。

 

カフェインは、その自律神経をアンバランスにさせるので、唾液を減らしてしまう原因となるので、口の中の細菌を増やしてしまい、口臭の原因になってきます。

 

コーヒー以外にも緑茶にも多く含まれているので、緑茶を飲んで口の中が乾燥したような経験をしたこともある人はいるのではないかと思います。

 

そのような働きがあるので、唾液が減少気味の人には、おすすめできない食品になります。

 

また過剰な取得は健康に害を及ぼすことで知られてもいるので、子供や妊娠中などの人にもオススメできない物質ということになります。

 

また、取りすぎは骨を弱くして、女性ホルモンを乱してしまう原因になることがあります。

 

 

唾液を減少させ朝の口臭の原因になるカフェインのその他の働き

唾液を減少させ朝の口臭の原因になるカフェインのその他の働き 
唾液を減少させ、朝の口臭の原因になるカフェインのその他の働きですが、デメリットもありますが、メリット的なこともあります。

 

その1つが覚醒作用です。

 

眠気を覚ます働きの事になりますが、何かの重要なお仕事をしているときに、眠気を覚ます意味で役立つことがあります。

 

また鎮痛作用があるので、頭痛を抑えることに期待ができます。

 

そして強心作用があるので、心臓の働きを活発にさせ体の筋肉などを活発にさせる働きもあります。

 

また利尿作用は、体から水分を奪いますが、老廃物を早くに外に出す働きもあることになります。

 

体に老廃物が溜まることで、若さを奪っていくこといなるので、そういった意味ではメリットになると思います。

 

まとめるとドライマウスの人には、オススメできませんが、そうでもない人であれば、さほど気にするようなものではないということです。

 

ただし取りすぎは、どちらにしてもあまり良くありませんので、過剰取得は避けるようにした方が良いことになります。

 

そして朝の口臭の対策としては、オススメできない食品ということになりますので、取りすぎには注意してください。

 

他の人の意見も参考にしてみる

 

 

唾液の減少による口臭改善アイテム

朝の口臭の対策と改善方法


朝の口臭の原因まとめ

朝の口臭と舌苔

スポンサードリンク

関連ページ

朝の口臭の原因になる唾液の減少の改善や対策方法
朝の口臭の原因になる唾液の減少の改善や対策方法についてです。唾液が減少することで朝の口臭や日中の口の臭いが強くなりますが、その唾液が減少する理由と改善策についてまとえめています。原因は多数がありますがその詳細についてまとめていますので参考に。
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策とストレスの関係
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策はストレスにも注意!についてです。唾液が減少することで、朝の口臭の原因になってきますが、その唾液の減少と関係が深いのがストレスです。そのストレスとどのような関係があるのかまとめています。また対策についても参考にして下さい。
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策は女性ホルモンの安定?
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策は女性ホルモンの安定?についてです。実は女性ホルモンが乱れることで朝の口臭の原因と関係してくることになります。唾液が減少してしまうためですが、その女性ホルモンと唾液の減少の関係についてまとめています。
朝の口臭の対策!唾液の減少を抑えるのに咀嚼数を増やす
朝の口臭の対策!唾液の減少を抑えるのに咀嚼数を増やす!についてです。現代は噛む回数が減ってきていて、それが影響して唾液が減少するドライマウスになる人が増えてきています。女性に多いのすが、その咀嚼数についてのまとめです。朝の口臭改善に役立つことになります。
朝の口臭の原因になる唾液の減少とシェーグレン症候群の関係
朝の口臭の原因になる唾液の減少とシェーグレン症候群の関係についてです。シェーグレン症候群とは、涙腺や唾液腺にダメージを与えてしまう自己免疫疾患のことで、唾液などが減ることで口臭の原因になってきます。指定難病になっていますが対策などについてまとめています。
朝の口臭の対策!唾液の減少は加齢を防ぐことも重要
朝の口臭の対策!唾液の減少は加齢を防ぐことも重要!についてです。加齢と老化から唾液が減少して朝の口臭を強くさせる原因にもなってきます。その老化を遅らせる、または若返らせる対策のヒントなどをまとめています。朝の口臭を対策するのに役立てて下さい。
朝の口臭の対策!唾液の減少は薬が影響することもある
朝の口臭の対策!唾液の減少は薬が影響することもある?についてです。朝の口臭が強くなる原因に唾液の減少が関係してきますが、その唾液の減少させる原因に薬の副作用が関係することがあります。その副作用などについてまとめているので参考にして下さい。

 
トップページ 朝の口臭の対策 口臭と口のネバネバ 朝の口臭と舌苔