朝の口臭と唾液の減少とストレス

朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策はストレスを溜めない事

朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策はストレスを溜めない事 
朝の口臭の原因になる唾液の減少とストレスの対策についてです。

 

寝起きに口臭が強くなる原因に、唾液の減少、いわゆるドライマウスと呼ばれることが原因になってきますが、その原因の関わりと深いのがストレスです。

 

ストレスを分かりやすくするとボールがへこんだ状態の事を指します。

 

へこみ圧力がストレスで、それが戻ることで解消された!そのような感覚の状態です。

 

ストレスについては、日常的に誰でも感じていることですが、日々溜めてしまうことで、体に不調をもたらすようになってきます。

 

お仕事、家庭や子育て、人間関係などの精神的な影響の方が多いと思います。

 

というのは、肉体的なストレスもあるということです。

 

ただ、ほんどのケースでは精神的な影響度の方が多いと思います。

 

溜めた状態が続くことで、身体にダメージを与えていくことになりますが、それが蓄積されることで唾液が減少することと関係してきます。

 

どのような事なのまとめています。

 

 

朝の口臭の原因になる唾液の減少とストレスとの関係は?

朝の口臭の原因になる唾液の減少とストレスとの関係は? 
朝の口臭の原因になる唾液の減少ですが、なぜ唾液が減ることで口の臭いと関係してくるのかは、唾液には口の臭い菌を減らすものが含まれているためです。

 

これが減少することで、口腔内が徐々に変化して、寝起きの朝になると口の臭いが強くなってきます。

 

その大元の原因に唾液の減少が関係してくることになりますが、なぜそれとストレスが関係してくるのか?ということですが、ストレスが唾液の分泌と関係するところを乱してしまうためです。

 

唾液の分泌はどのように行われているのかというと、自分の意志ではないことは分かると思います。

 

この分泌のコントロールは、自律神経という神経でコントロールされています。

 

自律した神経なので、自分でのコントロールができませんので、ここが乱れてしまうことで、それにつながるところが影響を受けるようになってきます。

 

その影響の1つが唾液の分泌です。

 

その自律神経が乱れることで、唾液の減少するようになるので、口の中にいる細菌を減らす能力が落ちてくることになります。

 

一気にではなく、徐々にその働きが落ちていくので、自分でも気がつかない事がほとんどです。

 

そして少しずつ口腔内が悪い方へと変化していくために、口の臭いが徐々に強くなってきます。

 

朝に強くなる傾向にあるのは、寝ているときはさらに唾液が減少しているためです。

 

そのような理由からストレスは口臭と関係してくることになります。

 

また胃腸への負担もあります。

 

これも口の臭いと関係してくることになりますが、胃腸が機能低下することでも朝の寝起きの口の臭いと関係してくることになります。

 

1日ぐらいの負担では何も起きませんが、やはり蓄積されて少しずつ影響があるために徐々に負担が増えて機能低下して口の臭いが強くなってきます。

 

そのような事からストレスには、少し注意しなければいけません。

 

 

唾液が減少して朝の口臭の原因になるストレスの対策方法は?

唾液が減少して朝の口臭の原因になるストレスの対策方法は? 
ストレスから唾液が減少することで、朝や日中の口臭の原因になりますが、対策となると、増えた細菌を減少させることと、それとストレスを溜めないようにする対策です。

 

どのようにすると溜めないようにできるのかは、ここはとても難しいところでもあります。

 

その人によって変わってくるからです。

 

自分の趣味があることで、解消しやすいと思いますが、誰にも共通してくる解消方法としては、入浴です。

 

入浴をすることで誰でも解消しやすく、これも効果的なので、ぜひ続けてみて下さい。

 

ストレスを感じると、自律神経でいう交感神経という神経が優位になってきます。

 

その神経が優位になりすぎることで、ストレスが続くことになりますが、その神経を鎮めるためには、副交感神経という神経を優位にさせることで、バランスが取れるようになります。

 

副交感神経というは、寝ているときや落ち着いているときに優位になる神経の方です。

 

そのさせるためには、入浴が効果的で、入浴をすることで優位になった交感神経を解除させやすくします。

 

お風呂に入ると、何となく気持ちよくなる感覚は誰でも感じることができると思います。

 

その感覚が、リラックスの神経でもある副交感神経を優位にさせます。

 

要するに車でいうとアクセルにブレーキをかけるような感覚です。

 

そのブレーキが大きくなることで、心が安らぐような感じです。

 

それだけでもかなり違いますので、その入浴なども試してみて下さい。

 

それ以外でいうと、後は性格的なものが関係してくるので、ここは自己コントロールになってきます。

 

また人と会話することも解消につながりやすいので、コミュニケーションをとることもオススメですが、その会話のためにも早くに口臭を改善させることが大切です。

 

そのような事にも注意しがら細菌を減らすことができるアイテムを利用することで、より改善が早くなってきます。

 

他の人の意見も参考にしてみる

 

 

唾液の減少による口臭改善アイテム

朝の口臭の対策と改善方法


朝の口臭の原因まとめ

朝の口臭と舌苔

スポンサードリンク

関連ページ

朝の口臭の原因になる唾液の減少の改善や対策方法
朝の口臭の原因になる唾液の減少の改善や対策方法についてです。唾液が減少することで朝の口臭や日中の口の臭いが強くなりますが、その唾液が減少する理由と改善策についてまとえめています。原因は多数がありますがその詳細についてまとめていますので参考に。
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策は女性ホルモンの安定?
朝の口臭の原因になる唾液の減少の対策は女性ホルモンの安定?についてです。実は女性ホルモンが乱れることで朝の口臭の原因と関係してくることになります。唾液が減少してしまうためですが、その女性ホルモンと唾液の減少の関係についてまとめています。
朝の口臭の対策!唾液の減少を抑えるのに咀嚼数を増やす
朝の口臭の対策!唾液の減少を抑えるのに咀嚼数を増やす!についてです。現代は噛む回数が減ってきていて、それが影響して唾液が減少するドライマウスになる人が増えてきています。女性に多いのすが、その咀嚼数についてのまとめです。朝の口臭改善に役立つことになります。
朝の口臭の原因になる唾液の減少とシェーグレン症候群の関係
朝の口臭の原因になる唾液の減少とシェーグレン症候群の関係についてです。シェーグレン症候群とは、涙腺や唾液腺にダメージを与えてしまう自己免疫疾患のことで、唾液などが減ることで口臭の原因になってきます。指定難病になっていますが対策などについてまとめています。
朝の口臭の対策は唾液を減少させる食品にも注意する
朝の口臭の対策は唾液を減少させる食品にも注意する!についてです。食品の影響から唾液を減少させ朝の口臭を強くさせることがあります。食品である物質が唾液を減少させることになるのですが、その食品がカフェインです。その働きやメリット、デメリットをまとめています。
朝の口臭の対策!唾液の減少は加齢を防ぐことも重要
朝の口臭の対策!唾液の減少は加齢を防ぐことも重要!についてです。加齢と老化から唾液が減少して朝の口臭を強くさせる原因にもなってきます。その老化を遅らせる、または若返らせる対策のヒントなどをまとめています。朝の口臭を対策するのに役立てて下さい。
朝の口臭の対策!唾液の減少は薬が影響することもある
朝の口臭の対策!唾液の減少は薬が影響することもある?についてです。朝の口臭が強くなる原因に唾液の減少が関係してきますが、その唾液の減少させる原因に薬の副作用が関係することがあります。その副作用などについてまとめているので参考にして下さい。

 
トップページ 朝の口臭の対策 口臭と口のネバネバ 朝の口臭と舌苔