朝の舌苔と口臭を改善する方法

朝になると舌苔と口臭がひどくなる原因と予防の方法

朝になると舌苔と口臭がひどくなる原因と予防の方法 
朝になると舌苔が多く口臭がひどい!このようなケースの原因と対策の方法についてです。

 

よく聞くのは、前日にしっかりと舌ブラシなどで舌をケアして歯磨きも完璧にし、さらにデンタルフロスやマウスウオッシュなどを使用して確かにキレイにしたはずなのに、翌朝になると舌苔が戻っていて、また口臭が強くなっているというものです。

 

ここまでしているのに、それを裏切るような結果になってくると、気持ちがまいってしまうこともあると思います。

 

確かにケアはしたはずなのに寝起きに「元に戻っている」とてももどかしくなります。

 

実はこれは、よくある例の1つで、珍しいことでもなく、このようなケースは多くあります。

 

原因はほぼ共通してくるのですが、ある程度原因がハッキリとしているだけに対策のしやすいと思います。

 

なぜそうなるのかの原因と、改善の方法についてまとめています。

 

 

朝になると舌苔と口臭がひどくなる原因のまとめ

朝になると舌苔と口臭がひどくなる原因のまとめ 
前日にしっかりとケアをしているのに、翌朝になると舌苔や口臭がひどくなる原因は、寝ているときに細菌が増えやすい環境になることが大きな原因になっています。

 

舌苔とは、一体何なのかというと、食物残渣、口の中の古い皮などの代謝物、色素、唾液、脂肪球、白血球、細菌という構成になっています。

 

この中に一夜で舌を白くさせ、さらに口の臭い原因になる犯人が潜んでいることになりますが、寝ているときに何が増えてるのがを考えると何となく、その犯人がイメージできると思います。

 

食物残渣はどうでしょう。

 

食べかすの事ですが、よく誤解があるうちの1つです。

 

このようなものも舌には付着することがありますが、寝る前にケアしているのに、寝ているときに増えるような要素があるのどうかとういことですが、増える要素はありません。

 

増やすことができないといった方が正しいと思います。

 

ということは、朝の舌の汚れや口の臭い原因にならないということです。
口の中にある古い皮などをどうでしょうか。

 

皮膚にも古くなったものが垢として溜まりますが、口の中も常に新しくなっているので、古くなった皮などが剥がれ落ちてそれが舌に付着することがります。

 

これも一夜にして増えることはありません

 

日々少しずつ剥がれ落ちていることになります。

 

舌に付着している色素や唾液、脂肪球、白血球なども同じことになります。

 

そのように消去法で消していくと、最後に残るのが細菌になります。

 

舌苔や口臭を一夜にしてひどくさせる犯人が口の中にいる細菌ということになります。

 

細菌は適度な温度、水分、少量の栄養があることで、無限に増やしていくことができます。

 

ただし、口の中にいるすべての細菌が舌を白くさせ、また臭いを強くさせるわけでもありません。

 

良い働きをする善玉菌という細菌もいます。

 

この善玉菌については、その人によって形態が変わってきます。

 

色々な種類があるということです。

 

スェーデンの子供に多いのですが、中には虫歯を阻止する特殊な善玉菌を保有している人もいます。

 

そのような良い働きをする細菌は、口の臭いを強くさせませんし、舌を白くさせるようなことはしません。

 

その良い働きをする細菌もいますが、口臭や舌苔の原因になる悪玉菌という細菌も口の中にはいます。

 

それ以外に日和見菌という、中間的な細菌もいますが、それらの細菌で口の中のバランスが維持されていることになります。

 

通常は善玉菌が8ぐらいの割合に対して、悪玉菌の割合は2ぐらいのバランスです。

 

通常は、口の中では善玉菌が優位な状態にあるということです。

 

ですが、これが逆転するようなことがあります。

 

その原因になるのが、ドライマウスと呼ばれる唾液の分泌の低下と、口呼吸、または強い薬品の使用、舌ブラシ、口のケア不足などです。

 

 

朝の舌苔と口臭の原因になる細菌はなぜ増加する?

朝の舌苔と口臭の原因になる細菌はなぜ増加する? 
朝の舌苔と口臭の原因になる細菌はなぜ増加するのかは、先程話した通りで、ドライマウス、口呼吸、薬品の使用、舌ブラシ、口のケア不足などです。

 

今回については、口のケア不足は原因として当てはまりませんが、これは当然、口の臭いと舌の汚れの原因になってきます。

 

それ以外のことも深く関係してきますが、共通してくるのは主に唾液の不足などです。

 

 

ドライマウスが朝の口臭と舌苔になぜ関係するの?

 

ドライマウスが朝の口臭と舌苔になぜ関係するのかというと、唾液の分泌が影響するためです。

 

ドライマウスは唾液そのものの分泌が弱くなることをいいますが、加齢やストレスやその他の要素が色々と関係して、唾液が減ることで口の中が乾燥しやすくなります。

 

唾液には細菌を減らすことができるものが含まれているので、これが寝ている間に著しく低下していることで、寝ている間に細菌を多くさせる原因になってきます。

 

その人によって分泌量に違いがあり、ややという人もいれば、中程度の人、またはひどい、という人もいます。

 

やや減っている」という人の方が多いと思います。

 

ひどい人の場合は、高齢の人に目立ちますが、以前よりやや、または中程度、唾液が減っている人が多いと言えます。

 

唾液が減ることで、細菌を増やしてしまうことになるので、朝になると口臭や舌苔を強くさせる原因になります。

 

 

なぜ口呼吸は朝の舌苔と口臭の原因になる?

 

なぜ口呼吸は朝の舌苔と口臭の原因になるのかは、これも上記のドライマウスと同じく、唾液を減らしてしまうことになるからです。

 

この場合は強制的に唾液を減らしていることになりますが、唾液が強制的に、寝ているときや日中に減らしてしまっているために、細菌が増えやすい環境を作っていることになります。

 

寝ているときは、ただでさえ唾液の分泌が悪くなるので、そこにさらに追い打ちをするのが口呼吸です。

 

口呼吸になる原因も色々とあります。

 

アレルギー性鼻炎などからくる鼻詰まり、口輪筋の衰え、ストレス、肥満、喘息、クセなどが主な原因になってきます。

 

無意識にそのようになっているケースが多く、指摘されないと気が付きづらいと言えます。

 

 

なぜ朝の舌苔や口臭に舌ブラシが影響するの?

 

なぜ朝の舌苔や口臭に舌ブラシが影響するのかは、舌ブラシが舌へとダメージを蓄積していくためです。

 

目に毎日のようにケアとして、ブラシでこすることをイメージしてほしいのですが、どのようなイメージがあるでしょうか。

 

普通の感覚では、危険、または傷がつく、このような感覚だと思います。

 

なぜそう思うのかは、デリケートなところだと認識をしているためです。

 

舌も同じくデリケートな場所です。

 

デリケートな場所ということは、傷やダメージを受けやすいということです。

 

舌は粘膜というもので覆われていて、粘膜というのはコラーゲンという非常にダメージを受けやすいもので覆われていることになります。

 

粘膜は舌だけではなくて、目や鼻の中、口の中全体、食道、肛門、尿道など、数多くの場所にあります。

 

このような場所は、何かでケアすることに向ていないことになります。

 

また役割としては、外部からの細菌やウイルスの侵入などの妨害です。

 

その膜を剥がれやすくさせるのが舌ブラシの存在ということにになります。

 

その粘膜がもろくなることで、そこに細菌が溜まりやく、余計に舌苔や口臭を強くさせる要素になってきます。

 

ただし使用のしかたによるので、毎日の使用は避けて、月に2回くらいに抑えるようにします。

 

 

朝の口臭と舌苔を対策するには細菌を減らすこと

朝の口臭と舌苔を対策するには細菌を減らすこと 
朝起きると舌苔や口臭がひどい場合の対策は、増えた細菌を減らすことが最もな改善策になってきます。

 

ドライマウスであれば、ドライマウスの対策、口呼吸であれば口呼吸の対策、それぞれを見直すことが改善の早道になってきます。

 

やはり原因になっている元から見直していかないと、改善としては難しいものになってきます。

 

ただ、そうはいっても上記の対策をしていくことで、すぐに改善するかというと、そういうことでもありません。

 

比較的、時間を必要とするものが多いと思います。

 

ただし、していることはマイナスにはなっていませんので、毎日の積み重ねが後々、良い影響を与えることになってきます。

 

すぐに朝の口臭や舌苔を対策したいということであれば下記に紹介しているアイテムを参考にして下さい。

 

臭いや舌の汚れであれば、すぐに改善させることができます。

 

ただ、注意点としては、確かにすぐに改善することができるとは思いますが、そのアイテムだけに頼らないということです。

 

上記での原因にも向き合い、それと同時並行で使用するようにして下さい。

 

そうすることで、本当の意味での対策ができることになります。

 

朝の口臭と舌苔をすぐに対策するアイテム

 

 

朝の口臭改善サプリとグッズ

朝の口臭の対策と改善方法


朝の口臭の原因まとめ

朝の口臭と舌苔


スポンサードリンク

関連ページ

朝起きると舌苔と口臭がひどいときにサプリで対策できるもの
朝起きると舌苔と口臭がひどいときにサプリで対策できるものを紹介しています。朝になると舌苔や口臭がひどくなるのは、口腔内の細菌が増えやすいことが原因になっていますが、その細菌をすぐに排除できる優れたサプリの紹介です。寝起きの舌苔と口臭を改善させるときの参考にして下さい。
朝の舌苔と口臭は舌ブラシで対策することができる?!
朝の舌苔と口臭は舌ブラシで対策することができる?についてです。舌ブラシを使用すると良くない!という声も聞きますが、その真相と答えについてまとめています。朝起きると舌苔や口臭がひどい場合は、ケアとしては役立ちますが注意点もあります。改善と予防に役立てて下さい。
朝になると舌苔と口臭がある!対策にパイナップルが有効?!
朝になると舌苔と口臭がある!対策にパイナップルが有効なの?ということでパイナップルの効果についてまとめています。朝の気になる舌苔た口臭に対して、効果としては少し弱いことになりますが、それでもプラスになる果物になります。どのようなことかまとめています。
朝の舌苔と口臭にはちみつを使用することで対策ができる
朝の舌苔と口臭にはちみつを使用することで対策ができるの?ということで舌苔と口臭の対策にはちみつがどのような効果があるのかまとめています。寝起きに限ったことでもありませんが舌苔がつきやすい人にははちみつはオススメできる方法です。その効果についてまとめています。
朝の舌苔と口臭にスプレーで改善対策できるものがある!?
朝の舌苔と口臭にスプレーで改善対策できるものを紹介しています。朝起きると舌苔や口臭がひどい!またはケアしてもすぐに元に戻ってしまう!そのような人にオススメできる強力なスプレーの紹介です。通販限定のものになりますが朝の口臭と舌苔の改善対策に役立ちます。
朝の舌苔と口臭の原因になる低位舌を改善対策するには?
朝の舌苔と口臭の原因になる低位舌を改善対策するには?についてです。低位舌といのは、舌が正しい位置にないことを言いますが、これが原因で口呼吸になりやすく、また朝の舌苔や口臭の原因にもなってきます。その改善対策の方法をまとめているので参考にして下さい。
朝の舌苔と口臭を対策するにはストレスにも注意すること!
朝の舌苔と口臭を対策するにはストレスにも注意する!についてです。ストレスが多くなることでも朝の舌苔や口臭の原因となることがあります。ストレスと口腔内の健康は密接に関係していることになりますがその関係と原因についてまとめています。朝の舌苔と口臭の改善に役立てて下さい。
朝の舌苔と口臭の対策になる?潤いベロのクリーナーとは?
朝の舌苔と口臭の対策になる?潤いベロのクリーナーとは?についてです。朝起きると舌苔や口臭が気になる人にちょっとしたケアとしてオススメできる商品になっています。舌のコケを分解して、それを浮き上がらせて、専用のブラシで取るという使用方法になっています。
朝の舌苔と口臭は疲労が影響する!対策や改善方法はある?!
朝の舌苔と口臭は疲労が影響する!対策や改善方法についてです。疲労を一時的なものと慢性的なものと2つあることになりますが、それが原因で朝の舌苔や口臭の原因になることがあります。その具体的な原因と対策や改善などについてまとめていますので参考に。
朝に舌苔と口臭を繰り返してしまう理由と対策や改善方法
朝に舌苔と口臭を繰り返してしまう理由と対策や改善方法についてです。朝に舌苔と口臭を繰り返してしまう人の原因と対策の方法の詳細になります。舌苔と口臭を繰り替えしてしまうのは、その環境が口腔内にあることが原因になってきます。その改善について詳しく解説しています。
朝の舌苔と口臭は女性ホルモンが安定すると対策できる!?
朝の舌苔と口臭は女性ホルモンが安定すると対策できる!?についてです。朝の舌苔と口臭に女性ホルモンが深く関係していることがあります。その女性ホルモンからくる朝の舌苔と口臭の改善対策の方法についてまとめています。どのような事なのか参考にして下さい。

 
トップページ 朝の口臭の対策 口臭と口のネバネバ 朝の口臭と舌苔