朝の口臭は寝不足が原因になる理由とは

朝の口臭は寝不足が原因になる?その理由と睡眠不足について

朝の口臭は寝不足が原因になる?その理由と睡眠不足について 
朝起きる口臭が強い!その原因に寝不足が関係してくることもあります。

 

なぜ人は寝るのか?ということは正確には解き明かされていませんが一生、起きたまま生活することは困難とされており、何らかの体にダメージを与えることは分かっています。

 

勤労で知られている日本ですが、睡眠時間を削ってしまうことも多くあります。

 

睡眠時間が一番少ない年代でいうと40代ぐらいが一番少ないことが分かっています。

 

ただ、10代から60代までの平均は、あまり変わりもありませんが、数字にすると睡眠不足は中高年に多いことが分かります。

 

あくまでも平均なので、その職種によっても大きく変わってくることになると思います。

 

ちなみに都道府県別にみると東北地方の人が寝る時間が長いことが分かっています。

 

どちらにしても睡眠の負債を抱えることで、体に良い影響を与えることはありません。

 

その寝不足と朝の口臭とも関係してくることになりますが、どのような事が関係してくるのかまとめています。

 

 

寝不足が朝の口臭を強くする原因は自律神経の乱れ

寝不足が朝の口臭を強くする原因は自律神経の乱れ 
寝不足が朝起きた時の口臭を強くさせる原因は、自律神経の乱れと関係していることになります。

 

自律神経は交感神経と副交感神経とありますが、車でいうアクセルが交感神経の働き、ブレーキは副交感神経の働きをしていることになります。

 

どちらも自分でコントロールすることができなく、無意識の中でこの神経がコントロールされていることになります。

 

消化吸収や呼吸などもこの神経の働きによるものです。

 

これを自分の意思でコントロールするとなると、それこそ寝ることもできなくなってしまいます。

 

そのような便利な神経が人の体に備わっていることになりますが、寝不足をすることで、この自律神経の乱れを起こすようになります。

 

睡眠不足は、溜まった疲労を溜めたままの状態にさせますので、この状態にさせるということは、体力やエネルギーを蓄えることができなくなってくるので、リラックスさせる方の副交感神経が働いて睡眠へと導いてくれます。

 

睡眠をしっかりとすると疲労が抜けていくのはそのためです。

 

ですが、不足のままにしてしまうことで、疲れが抜けないために、それを助けるように、活動の神経でもある交換神経が働くようになります。

 

リラックスさせる神経と、体の働きを活発になる神経の両方が綱引きをしているような状態になり、アンバランスになってくるということです。

 

自律神経の気持ちでいうと「休ませたいの?それとも活動させたいの?」このような状態になっているわけです。

 

この状態が「乱れ」ということです。

 

どっちつかずの状態でなので、自律神経が乱れるようになります。

 

朝の口臭との関係でいうと、唾液の関係になります。

 

唾液は自律神経の働きでコントロールされているので、ここの神経が乱れることで、唾液の分泌が低下するようになります。

 

唾液が減るとうことは、口腔内にる細菌群を減らすことができなくなってきます。

 

寝ているときは、ただでさえ唾液が減っているので、そこにさらに加速させるように唾液を減らしてしまうことになるので、少ない時間の睡眠の中で、一気に細菌を増加させていることになります。

 

そのため寝起きになると口から悪臭を多く発生させてしまうことになります。

 

まとめると寝不足は、自律神経が乱れ、唾液を不足させ、口の中の細菌を増やしてしまう状態にさせるということです。

 

これは寝ているときだけではなくて、日中でも同じことになるので、口の中に細菌が増えやすい環境に常にあることになります。

 

 

寝不足は唾液を減らし朝の口臭の原因以外にも関係してくる

寝不足は唾液を減らし朝の口臭の原因以外にも関係してくる 
寝不足は唾液を減らして、朝の口臭原因にさせるだけではなくて、他の口の臭い原因にもさせていきます。

 

それと関係してくるのが胃腸の働きです。

 

胃腸についても自律神経でコントロールされているので、ここの神経がアンバランスになることで、口の臭いの原因になるものが多く発生するようになります。

 

胃腸というと、消化させる場所になりますが、ここの働きが良いことで、スムーズな消化と吸収ができるようになっています。

 

ですが、その寝不足から自律神経の乱れ、胃腸の働きが低下してくることで、その消化や栄養の吸収がスムーズにいかなくなってきます。

 

消化吸収がスムーズにならないということは、未消化のものが多くなってきます。

 

未消化になることで、腐敗が進むようになります

 

要するには食べた物が胃腸の中で腐ったような状態にさせるようにします。

 

そうさせないためのシステムが体内に備わっていることになりますが、寝不足が原因で、そのシステムが上手く働かないような状態になります。

 

腐敗するということは、腐ることを意味しますので、そこから多くの悪臭が発生するようになります。

 

それが体内に吸収されて呼気にも混ざることで、口臭を感じるようになります。

 

正確には腐敗というよりも発酵ということになりますが、発酵には良い発酵もあれば、悪い発酵もあります。

 

このケースについては悪い方の発酵が胃腸内で起きていることになります。

 

睡眠不足は、唾液を減らし口腔内の細菌を増やす、そして胃腸内の働きも低下させ、悪臭を多く発生せる、この2つのことが朝の口臭と関係することになります。

 

寝すぎはこれはこれで、弊害があることになりますが、睡眠が不足することでも体の害があることになります。

 

適切な睡眠時間というのは、年代やその人の体調によって変わることになりますので、何時間という明確なものがあるわけでもありません。

 

疲れが取れた状態、起きたときに調子が良い状態が、その状態になるのか、そのときに一番適した睡眠時間ということになります。

 

体調によって、適切は睡眠時間は、そのときによって変わってくるとういことです。

 

他の人の意見も参考にしてみる

 

朝の口臭改善サプリとグッズ

朝の口臭の対策と改善方法


朝の口臭の原因まとめ

朝の口臭と舌苔


 

スポンサードリンク

関連ページ

朝起きると口臭が強くなっている原因が良く分かる!まとめ
朝起きると口臭が強くなっている原因が良く分かる!そのまとめについてです。朝に口臭が強くなる基本的なことから深い内容までその詳細についてまとめています。以外なことが朝の寝起きの口臭強くさせることがあります。対策と改善になると思うので参考にして下さい。
朝の口臭の原因になるストレス!その深い関係について
朝の口臭の原因になるストレス!その深い関係についてです。ストレスを多く溜めてしまうことで朝の寝起きの口臭を強くさせてしまう原因になりますが自律神経と深く関係していることになります。唾液の分泌を弱め胃腸の働きを低下させることが主な原因になってきます。
朝の口臭の原因に食生活が関係してくる!その理由は?
朝の口臭の原因に食生活が関係してくる!その理由についてです。食生活というのは食べる内容もそうですが時間帯や食べる回数などの総合的なことを指しています。これらの事は朝起きたときに口臭が強くなる原因になるので注意が必要です。その詳細についてのまとめです。
朝の口臭の原因にドライマウスが関係する理由は?
朝の口臭の原因にドライマウスが関係する理由についてです。ドライマウスというのは唾液が減り、口の中が乾燥することをいいますが、その乾燥から朝起きると口臭が強くなることがあります。ドライマウスは女性に多い症状の一つですが、どのようなことが原因なのかその詳細についてです。
朝の口臭の原因にアルコールが影響を与える!その理由とは?
朝の口臭の原因にアルコールが影響を与える!その理由についてです。アルコールが朝の口臭と関係してくるのは利尿作用との関係です。体から水分が少なくなることで朝の口臭を強くさせる原因になってきます。なぜ寝起きの口臭とアルコールが関係してくるのかまとめています。
朝の口臭の原因になるタバコの影響と恐ろしさとは?
朝の口臭の原因になるタバコの影響と恐ろしさについてです。百害あって一利ないのがタバコの存在ですが朝の口臭の原因だけではなく、他の口の臭い原因にもなってきます。また病気のリスクを上げることは知られていますが、なぜ朝の口臭の原因になるのかをまとめています。
朝の口臭の原因に空腹が関係する!その理由とは?
朝の口臭の原因に空腹が関係する!その理由についてです。実は空腹にすることは体の健康にプラスになることも多いのですが、その時間が長すぎることで朝の口臭の原因になることがあります。元から胃が弱い人であればさらに胃への負担なども増えてくることになります。
朝の口臭の原因になる女性ホルモン!その影響とは
朝の口臭の原因になる女性ホルモン!その影響についいてです。朝の口臭の原因に女性ホルモンが深く関係していることがあります。このホルモンはバランスを乱しやすい性質があるために、それが影響して口腔内のトラブルや口臭の原因に発展させやすくします。
朝の口臭の原因になぜ生活環境が関係する?その理由
朝の口臭の原因になぜ生活環境が関係する?その理由についてです。生活環境の乱れは体のリズムを乱して、朝の口臭の原因と関係してくることになります。それ以外にも病気との関連性もあるのですが、なぜ生活環境の乱れが朝の口臭の原因として関係するのかまとめています。
朝の口臭は膿栓(臭い玉)が原因になることもある!?
朝の口臭は膿栓(臭い玉)が原因になることもある!?についてです。膿栓とは、扁桃腺にできる白い玉のことでドブや下水のような臭いにさせるのが特徴のものになります。これが原因で朝の寝起きの口臭に影響されることがありますが、その詳細にいいてまとめています。
朝になると唾液が臭いし口臭がひどい!その原因とは?
朝になると唾液が臭いし口臭がひどい!その原因についてのまとめです。朝になると唾液が臭い!または口臭がひどい!という原因について詳細をまとめています。根本的な原因は3つあることになりますが、朝の唾液の臭いの対策や改善方法などもまとめているので参考にして下さい。

 
トップページ 朝の口臭の対策 口臭と口のネバネバ 朝の口臭と舌苔