朝の口臭の原因と膿栓(臭い玉)の関係

朝の口臭の原因と膿栓(臭い玉)の関係のまとめ

朝の口臭の原因と膿栓(臭い玉)の関係のまとめ 
朝の口臭の原因と膿栓(のうせん)の関係についてです。

 

膿栓というのは、またの名を臭い玉といいますが、これが朝の口臭に関係するのかどうかということについてです。

 

結論からいうと関係してくることになりますが、朝もそうですけど日中でも口臭の原因になってきます。

 

膿栓というのは、扁桃腺にできる白い玉のようなもので、その玉のようなものがひどい悪臭を発生させます。

 

臭いでいうと、ドブのような、または下水のような悪臭を発生させるのが特徴です。

 

臭いの特徴があるのですぐに分かりますが、自分であるのかどうかを確認することもできます。

 

鏡の前で口を大きく開けて、扁桃腺のあたりを確認するとすぐに分かると思います。

 

何か白いものが見えるのであれば、それが臭い玉になります。

 

ないのであれば、別なことが朝の口臭の原因として考えられます。

 

なぜそのようなものが扁桃腺あたりにできるのかというと、免疫がしっかりとしていないため、そして外気から細菌やウイルスを多く取り込んでいるため、この2つのことが原因として考えられます。

 

免疫がしっかりとしていないと何故そのようなものができやすいのかというと、扁桃腺にいる免疫が頼っているためです。

 

成人になるまでは、体の免疫がまだしっかりとしていないために、外部からの細菌やウイルスを体の中に侵入させないようにするために扁桃腺にいる免疫に頼っていることになります。

 

扁桃腺にはたくさんの免疫が集まっていることになります。

 

そこで外部からの細菌をウイルスを体の中に侵入させないために守っていることになります。

 

その扁桃腺にいる免疫と外部の侵入者と戦いが始まるわけですが、それに負けたものが残骸として扁桃腺に溜まっていくようになります。

 

それが白い玉のようになって扁桃腺付近に現れるということになります。

 

そしてひどい悪臭を発生させます。

 

その臭い以外の健康被害があるわけではありませんが、そのままにしておくことで継続的な口臭に発展します。

 

また、潰すと悪臭がさらに倍に増すようになるので、自分でも自覚できる臭いになると思います。

 

免疫がまだしっかりとしていない成人あたりまでの人に、できやすい傾向にあることになります。

 

そして外部からそのような細菌やウイルスを多く取り込んでしまうことも原因になります。

 

例えば鼻呼吸ではなくて、口呼吸になっている人もできやすい傾向にあります。

 

理由は鼻というフィルターを通さないで、ダイレクトに口の中に細菌やウイルスを多く通してしまうためです。

 

鼻呼吸をすることで、外部からの細菌やウイルスを多く排除することができますが、それを遠さないので、多くの細菌やウイルスを扁桃腺を通してしまうことになります。

 

また免疫の異常でもなりやすくなります。

 

花粉症のようなアレルギーと同じく、免疫が過剰にホコリやチリに反応してしまうことでもできやすい傾向にあります。

 

そのよう事が原因で、朝の口臭もそうですけど、普段から口の臭いも強くさせる原因になってきます。

 

 

朝の口臭の原因になる臭い玉を対策するする方法はある

朝の口臭の原因になる臭い玉を対策するする方法はある 
朝の口臭の原因にもなる膿栓ですが、対策するには病院で取ってもらう、口呼吸の改善、部屋の掃除、うがいをしっかりとする、そのままにする、そのような対策になります。

 

もし自分で、鏡で確認してあるようであれば、耳鼻科で保険適用で取ってもらうことができるので、それですぐに改善はします。

 

痛さもなく、あっという間に終わります。

 

それ以降の予防としては、外出したときは、うがいをしっかりとして、扁桃腺にいる細菌やウイルスを落とすようにします。

 

これだけでもかなりの予防になります。

 

ホコリやチリには、多くのカビなどが存在しているので、マメな部屋の掃除なども効果的です。

 

エアコン当たりは、掃除をしていないと相当なカビが付着しているので、そのようなところはマメに掃除をすることが予防対策になります。

 

口呼吸の対策については、コチラの「朝の口臭と口呼吸の対策」を参考にして下さい。

 

口呼吸の改善は、少し時間がかかりますが、しっかりとある事をしていくことで、改善させることは可能になってきます。

 

後は免疫がしっかりとするまで待つことも対策になります。

 

どちらにしても成人になってくると、扁桃腺の免疫に頼らなく、体の免疫に頼るようになるので、自然に臭い玉はできづらくなってきます。

 

またすぐに取ることもできるので、そのたびに取るようにしていれば、いずれできなくなってきます。

 

あまり深刻になるような口臭原因ではありませんけど、成人前の子供に多い口の臭い原因なので、もし子供の口の臭いを強く感じるようであれば確認するようにします。

 

強いセキなどをすると、そのまま取れてしまうこともあります。

 

他のブログからも口臭について参考にする

 

 

朝の口臭改善サプリとグッズ

朝の口臭の対策と改善方法


朝の口臭の原因まとめ

朝の口臭と舌苔

スポンサードリンク

関連ページ

朝起きると口臭が強くなっている原因が良く分かる!まとめ
朝起きると口臭が強くなっている原因が良く分かる!そのまとめについてです。朝に口臭が強くなる基本的なことから深い内容までその詳細についてまとめています。以外なことが朝の寝起きの口臭強くさせることがあります。対策と改善になると思うので参考にして下さい。
朝の口臭の原因になるストレス!その深い関係について
朝の口臭の原因になるストレス!その深い関係についてです。ストレスを多く溜めてしまうことで朝の寝起きの口臭を強くさせてしまう原因になりますが自律神経と深く関係していることになります。唾液の分泌を弱め胃腸の働きを低下させることが主な原因になってきます。
朝の口臭は寝不足が原因になることもある!その理由とは
朝の口臭は寝不足が原因になることもある!その理由についてまとめています。朝起きると口臭の原因にある寝不足ですが、睡眠不足をすることで自律神経が乱れるようになります。その乱れが朝の寝起きの口臭と関係することになります。その詳細についてまとめています。
朝の口臭の原因に食生活が関係してくる!その理由は?
朝の口臭の原因に食生活が関係してくる!その理由についてです。食生活というのは食べる内容もそうですが時間帯や食べる回数などの総合的なことを指しています。これらの事は朝起きたときに口臭が強くなる原因になるので注意が必要です。その詳細についてのまとめです。
朝の口臭の原因にドライマウスが関係する理由は?
朝の口臭の原因にドライマウスが関係する理由についてです。ドライマウスというのは唾液が減り、口の中が乾燥することをいいますが、その乾燥から朝起きると口臭が強くなることがあります。ドライマウスは女性に多い症状の一つですが、どのようなことが原因なのかその詳細についてです。
朝の口臭の原因にアルコールが影響を与える!その理由とは?
朝の口臭の原因にアルコールが影響を与える!その理由についてです。アルコールが朝の口臭と関係してくるのは利尿作用との関係です。体から水分が少なくなることで朝の口臭を強くさせる原因になってきます。なぜ寝起きの口臭とアルコールが関係してくるのかまとめています。
朝の口臭の原因になるタバコの影響と恐ろしさとは?
朝の口臭の原因になるタバコの影響と恐ろしさについてです。百害あって一利ないのがタバコの存在ですが朝の口臭の原因だけではなく、他の口の臭い原因にもなってきます。また病気のリスクを上げることは知られていますが、なぜ朝の口臭の原因になるのかをまとめています。
朝の口臭の原因に空腹が関係する!その理由とは?
朝の口臭の原因に空腹が関係する!その理由についてです。実は空腹にすることは体の健康にプラスになることも多いのですが、その時間が長すぎることで朝の口臭の原因になることがあります。元から胃が弱い人であればさらに胃への負担なども増えてくることになります。
朝の口臭の原因になる女性ホルモン!その影響とは
朝の口臭の原因になる女性ホルモン!その影響についいてです。朝の口臭の原因に女性ホルモンが深く関係していることがあります。このホルモンはバランスを乱しやすい性質があるために、それが影響して口腔内のトラブルや口臭の原因に発展させやすくします。
朝の口臭の原因になぜ生活環境が関係する?その理由
朝の口臭の原因になぜ生活環境が関係する?その理由についてです。生活環境の乱れは体のリズムを乱して、朝の口臭の原因と関係してくることになります。それ以外にも病気との関連性もあるのですが、なぜ生活環境の乱れが朝の口臭の原因として関係するのかまとめています。
朝になると唾液が臭いし口臭がひどい!その原因とは?
朝になると唾液が臭いし口臭がひどい!その原因についてのまとめです。朝になると唾液が臭い!または口臭がひどい!という原因について詳細をまとめています。根本的な原因は3つあることになりますが、朝の唾液の臭いの対策や改善方法などもまとめているので参考にして下さい。

 
トップページ 朝の口臭の対策 口臭と口のネバネバ 朝の口臭と舌苔