朝の口臭の原因と生活環境の関係

朝の口臭の原因になぜ生活環境が関係する?その理由とまとめ

朝の口臭の原因になぜ生活環境が関係する?その理由とまとめ 
朝の口臭の原因と関係する生活環境についてです。

 

生活環境の関係というのは、1日のリズムがアンバランスになっている状態のことで、その環境から朝の口臭が強くなることがあります。

 

寝る時間や起きる時間がその日によって違う、または食事の時間帯もバラバラ、そのような環境のことになりますが、仕事でやむを得ない人も多くいます。

 

また仕事以外に、ストレスなどが影響して、そこから1日のバランスが乱れることもあります。

 

毎晩遊びすぎて、朝と夜が逆転してしまう人もいます。

 

生活環境の関係とは、その1日のリズムの全体のことになりますが、このバランスが乱れることで朝の口臭の原因になりやすくなります。

 

その関係についてまとめています。

 

 

生活環境が乱れると朝の口臭が強くなる原因は2つある?

生活環境が乱れると朝の口臭が強くなる原因は2つある? 
生活環境が乱れることで、朝の口臭が強くなる原因は、大きく2つのことが関係してきます。

 

1つが唾液の不足、もう1つが内臓機能の低下、この2つのことが関係してきます。

 

人は1日、何らかの活動をすることで、エネルギーを消費して、そのエネルギーを補うために食事をしていることになります。

 

その活動の時に体の筋肉も使えば、脳も働かせていることになります。

 

何かを使うということは、筋肉にしても脳にしても、必ず疲労というものが溜まってくるので、どこかで休みが必要になってきます。

 

それが「寝る」ということになりますが、寝ることでその疲れを癒していることになります。

 

そのような毎日のサイクルが体に刻まれ、1日のリズムを作っていることになります。

 

そのため決まった時間帯に眠くなるように体内時計というものが体に備わるような感じになります。

 

その中心になっているのが脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)とういうところで、ここで体内のリズムを管理にしていることになります。

 

睡眠などについてもそうですが、体のほぼすべてにその体内時計がセットされていることになります。

 

心臓や肝機能、胃腸の働きから腎機能まで、その体内時計がセットされているような状態ということです。

 

これがバラバラになることで、そのリズムが乱れ、体の疲れが溜まるようになり、様々なところに影響されるようになります。

 

口臭との関係になると、自律神経の乱れ、ホルモンの分泌の乱れ、内臓の疲労、このようなことが関係してきます。

 

体が「シャキッ」としていないため体の働きが低下しているような状態です。

 

これは本人が感じていることだと思います。

 

自律神経が乱れることで、唾液が減り口の中が乾燥しやすくなります。

 

その乾燥をドライマウスといいますが、そのドライマウスから口腔内にいる細菌が増えて朝の口臭の原因になってきます。

 

また胃腸などの内臓の働きが悪くなることでも、消化が良くされないために、それが原因で未消化のものが多くなり悪臭が発生し、それが呼気にも混ざるようになります。

 

ホルモンの分泌の乱れも自律神経の乱れなるので、これもドライマウスと関係してくることになります。

 

体のリズムを乱すということは、朝の口臭の原因になりやすいということになります。

 

 

生活環境の乱れは朝の口臭の原因以外のことにも影響する

生活環境の乱れは朝の口臭の原因以外のことにも影響する 
生活環境の乱れは、朝の口臭の原因以外にも、他のことにも影響するようになります。

 

その1つが睡眠障害というもので、睡眠の時間帯が狂ってしまっていることをいいます。

 

眠いような眠たくないような、そのような環境にさせていきます。

 

また不眠症の原因になるので、夜寝つけないなどの原因になりやすく、仕事をしているときに突然眠くなったりと、生活をするのに困ることが多くでてきます。

 

睡眠障害については、色々なタイプがあるのですが、そのようなことにも影響されることになります。

 

そして体内時計のズレから、ガンや肥満や糖尿病、高血圧などの原因になることが分かってきています。

 

これは難しい内容になるのですが、要するに生活環境の乱れが免疫細胞などと関係していて、体内リズムの乱れから、この免疫もアンバランスになってくるということです。

 

小さい細胞レベルでズレが生じ、それが体の機能を悪化させ、様々な病気との関連性があるとうことです。

 

また体内時計をズレさせるのは、夜更かしやストレスだけが原因でもありません。

 

食生活なども深く関わってきます。

 

この食生活にもリズムがあるので、体はそれを覚えています。

 

この食生活もアンバランスになることで、体のリズムをズレた方向にさせていきます。

 

色々なことが関わってくるのですが、生活環境の乱れは朝の口臭以外のことに影響があるので注意が必要です。

 

なるべく体内時計を乱さないようにする工夫が必要になってきます。

 

他のブログからも口臭について参考にする

 

 

朝の口臭改善サプリとグッズ

朝の口臭の対策と改善方法


朝の口臭の原因まとめ

朝の口臭と舌苔

 

スポンサードリンク

関連ページ

朝起きると口臭が強くなっている原因が良く分かる!まとめ
朝起きると口臭が強くなっている原因が良く分かる!そのまとめについてです。朝に口臭が強くなる基本的なことから深い内容までその詳細についてまとめています。以外なことが朝の寝起きの口臭強くさせることがあります。対策と改善になると思うので参考にして下さい。
朝の口臭の原因になるストレス!その深い関係について
朝の口臭の原因になるストレス!その深い関係についてです。ストレスを多く溜めてしまうことで朝の寝起きの口臭を強くさせてしまう原因になりますが自律神経と深く関係していることになります。唾液の分泌を弱め胃腸の働きを低下させることが主な原因になってきます。
朝の口臭は寝不足が原因になることもある!その理由とは
朝の口臭は寝不足が原因になることもある!その理由についてまとめています。朝起きると口臭の原因にある寝不足ですが、睡眠不足をすることで自律神経が乱れるようになります。その乱れが朝の寝起きの口臭と関係することになります。その詳細についてまとめています。
朝の口臭の原因に食生活が関係してくる!その理由は?
朝の口臭の原因に食生活が関係してくる!その理由についてです。食生活というのは食べる内容もそうですが時間帯や食べる回数などの総合的なことを指しています。これらの事は朝起きたときに口臭が強くなる原因になるので注意が必要です。その詳細についてのまとめです。
朝の口臭の原因にドライマウスが関係する理由は?
朝の口臭の原因にドライマウスが関係する理由についてです。ドライマウスというのは唾液が減り、口の中が乾燥することをいいますが、その乾燥から朝起きると口臭が強くなることがあります。ドライマウスは女性に多い症状の一つですが、どのようなことが原因なのかその詳細についてです。
朝の口臭の原因にアルコールが影響を与える!その理由とは?
朝の口臭の原因にアルコールが影響を与える!その理由についてです。アルコールが朝の口臭と関係してくるのは利尿作用との関係です。体から水分が少なくなることで朝の口臭を強くさせる原因になってきます。なぜ寝起きの口臭とアルコールが関係してくるのかまとめています。
朝の口臭の原因になるタバコの影響と恐ろしさとは?
朝の口臭の原因になるタバコの影響と恐ろしさについてです。百害あって一利ないのがタバコの存在ですが朝の口臭の原因だけではなく、他の口の臭い原因にもなってきます。また病気のリスクを上げることは知られていますが、なぜ朝の口臭の原因になるのかをまとめています。
朝の口臭の原因に空腹が関係する!その理由とは?
朝の口臭の原因に空腹が関係する!その理由についてです。実は空腹にすることは体の健康にプラスになることも多いのですが、その時間が長すぎることで朝の口臭の原因になることがあります。元から胃が弱い人であればさらに胃への負担なども増えてくることになります。
朝の口臭の原因になる女性ホルモン!その影響とは
朝の口臭の原因になる女性ホルモン!その影響についいてです。朝の口臭の原因に女性ホルモンが深く関係していることがあります。このホルモンはバランスを乱しやすい性質があるために、それが影響して口腔内のトラブルや口臭の原因に発展させやすくします。
朝の口臭は膿栓(臭い玉)が原因になることもある!?
朝の口臭は膿栓(臭い玉)が原因になることもある!?についてです。膿栓とは、扁桃腺にできる白い玉のことでドブや下水のような臭いにさせるのが特徴のものになります。これが原因で朝の寝起きの口臭に影響されることがありますが、その詳細にいいてまとめています。
朝になると唾液が臭いし口臭がひどい!その原因とは?
朝になると唾液が臭いし口臭がひどい!その原因についてのまとめです。朝になると唾液が臭い!または口臭がひどい!という原因について詳細をまとめています。根本的な原因は3つあることになりますが、朝の唾液の臭いの対策や改善方法などもまとめているので参考にして下さい。

 
トップページ 朝の口臭の対策 口臭と口のネバネバ 朝の口臭と舌苔